<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 「膝痛」(文系ランナー10) | main | 「ウォッシュ!」(RED WING 8167) >>
「ふたつのホイール」(TOKYO Wheels & MOTO NAVI)
 

2月25日、TOKYO Wheelsのリアルショップのオープニングレセプションにお伺いした。

TOKYO Wheelsさんは、自転車とオートバイに紐づいたファッションアイテムを揃えるオンラインセレクトショップで、ぼくが56designのディレクターを担当させていただいていた際にお世話になっていた。コラボさせていただいたクレージーシャンブレーBDは、いまだフェイバレットアイテム(持ってないけど)

ぼく自身、自転車にもオートバイにも乗るし、モードやトレンドではなく、ライフスタイル(趣味)を軸としたファッションを提供するというコンセプトは、すごく共感が持てるのだ。

そのTOKYO Wheelsのリアルショップが東日本橋にオープン。ウェブでの買物が当たり前になりつつある時代だからこそ、実際に商品を見ることが出来るショップがあるというのはうれしいことだと思う。




レセプションは自転車乗りのエディ☆ボブの3人でお伺いする。スタート時間の19時過ぎに到着するが、すでに大賑わい! さすがのネットワークです。

ショップにはエディ☆もボブも興味津々。自分が好きなカテゴリーとの共通要素があると、そこに壁はなくなる。趣味が同じ人との出会いがそうだけど、人と店にも同じ関係が築けるのだ。

ぼくとしては、基本的に自転車&オートバイ業界人ではないので(何業界なんだろう。。。)、普段なかなかお会いする機会のない方々に、久しぶりにお会いできてよかった。

でも、Twitterをやっていると、久しぶりな感じがしない不思議。

素敵なショップなので、自転車乗り&オートバイ乗りの方々、ハイセンスなアイテムを探しに、是非行ってみてください!

TOKYO Wheels
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-27-2 日機会館ビル1F




2月26日。今年早々に休刊のニュースが流れたMOTO NAVIの、最後になるはずの最新号を購入する。表紙にある「もういちどオートバイと暮らす」というコピーは、創刊当時に使われていたコピーだ。


思い返せば、MOTO NAVIが創刊された2001年、ぼくはCB1300を売却してオートバイと縁がない生活だった。その後、紆余曲折ありマジェスティに乗りはじめ、ビッグスクーターはオートバイじゃないな、などと思いつつ、MOTO NAVIを眺めていた記憶がある。そこに描かれた生活に想いを馳せつつ。

そんなMOTO NAVIも最後かと思うと寂しい、はずだったのだが。。。


なんと河西さんをはじめとするMOTO NAVI編集部が独立されて、新しいMOTO NAVIを今後も継続していくというではないか!

単純に読者&オートバイ乗りとしてはうれしく(なにしろオートバイ雑誌はMOTO NAVIしか買っていない)、同世代としては河西さんのバイタリティにあたまが下がる。その行動に、読者だけではなく、多くの人が救われ、喜んでいると思う。


ということで、ふたつのホイールは回って行く。みんなの夢を乗せて。


ぼくも頑張らないとな。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
COMMENT