<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 「ネットサーフィン」 | main | 「もういくつ寝ると。。。ハセツネ17km」(文系ランナー14) >>
「東京モーターサイクルショー2010」
 

晴天。

東京モーターサイクルショーに行く。

ビッグサイトに着いたのが12時くらい。そして(オートバイ専用)駐車場待ち30分!

そういえば、昨年も一昨年も東京モーターサイクルショーに来たのは金曜日だった。土曜日はやっぱり混むのね。

世のオートバイを取り巻く環境はよくないというニュースを目にする機会は多いけど、まだまだこんなにオートバイ好きがいるんだなと、あらためて思った。


会場内も人でいっぱい。昨年まではどちらかというと半分仕事みたいなものだったけど、今年は一モーターサイクルファンとして楽しもうと、ブースをかたっぱしからのぞいてみる。




入口近くのKTMブースでは、二輪ジャーナリストの松下ヨシナリさんが電動オートバイ!を紹介していた。電動の波がオートバイにも来たか。ちょっと乗ってみたい。

その十数分後にSHOEIブースで再度松下さんを発見。お忙しそうです。







aprilia RSV4、BMW S 1000RR、共にWSBに参戦するオートバイ。意外なほどコンパクトで、細かい部分も品質のよさを感じた。速いだけではなく、所有する満足感も高そう。

BMWは車種問わず高速道路でよく遭遇するけど、速い(飛ばす)ライダーが多い。なんとなくライバル心を持っちゃったりして。


HONDA、YAMAHA、SUZUKI、KAWASAKI、DUCATI、aprilia、KTM、BMW、Triumph、Harley Davidson etc.いろいろなメーカーのブースを見たけど、印象に残ったのはMOTO GUZZI!



他メーカーと明らかに異なるオリジナリティをMOTO GUZZIには感じた。デザインや色使いも独特で、色気がある。クラッシックやモダンやレーシングといった既存の概念にとらわれていない感じ。

オートバイは性能も大切だと思うけど、やっぱりデザインも大切。というか、両方のバランス。どんなに乗りやすかったり速かったりしても、デザインいまいちだったらイヤだし、逆にどんなに優れたデザインでも、性能が見合わなければ、やっぱりイヤ。

それって、オートバイだけではなくて、車、洋服、デジカメ、なんにでも言えるね。


HONDAブースでは、なんとRC212Vを跨げる!



貴重な体験(でも緊張してよく覚えていない)


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
COMMENT