<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 「6年目突入!」 | main | 「来年の自分のために」(文系ランナー16) >>
「ハセツネ17k」(文系ランナー15)
 

文系ランナー15


3/30 5.38km 0:33:10 Ave 6.10

4/3 5.72km 0:33:56 Ave 5.56


そして、4月4日。ハセツネ17kの日。

「今日、ハセツネ17kに参加するまで、トレランをなめてました。どうもすいませんでした!」

と、瀧本ばりに言いたい。


運動歴、ほぼなし(柔術を少々)

ランニング歴、2ヶ月半。

トレラン歴、なし。

それでも、「17km3時間半なら、なんとかなるでしょ」と思っていた。だいたい週に3回は走っているし、コンドロイチンとグルコサミンやスクワット、ランジで膝痛もほぼ克服。

しかし!

そんなことでどうにかなるもんじゃない。ランニングとトレランはまったく別モノだったのだ。。。




レースは9時スタート。

32k組の速い方々から順に並び(自己申告制)、ぼくは「17k3時間」の場所に並んだ。エントリーは32kと17k合わせて2000人近く。当日走らなかった方もいるとは思うが、それでも1000人以上のランナーが走るのだ。


スタートしてからは舗装道路が続くので、わりと楽。その後、林道に入り昇りはじめるが、ここでもまあまあ行けた。普段のコースに坂道が入っているのが効いたのかも。

しかし!林道が終わって登山道へ入る場所で大渋滞!30分以上待たされる。せっかく暖まった体も冷えてしまった(THE NORTH FACEのSpeed Sterが役に立つ)

渋滞が解消したら、貯まったストレスを発散するはずだったが。。。


そこから始まる刈寄山は、まさに山登り!これはランニングでは決してない!!


というわけで、ここからトレイルウォーキング。急な昇りはちょっと走る状況ではない。ここ(まだ1/3以下)ですでに心が折れかけ、足は終わる。そこから後はもう記憶曖昧。

17kの第一関門の制限時間は2時間だが、刈寄山入口での30分以上の渋滞が考慮され、制限時間も30分延長となる。17kは今年初めての開催なので、想定していないこともあるのだろう。

しかし、フレキシブルに対応していただくことが、最後に効いてくることを、その時点は知るゆえもなく。。。


途中ロードに戻るも、折り返し地点過ぎから再び山登り。この時点で距離的には半分くらい。このあたりから、32k組のトップグループが後ろから続々とぼくらを抜いていく。つまり、ぼくらより15km以上をすでに走っているのだ。中には「頑張りましょう」と17k組に声をかけていくランナーもいて、ちょっと感動。

あとはもう歩いたり走ったり止まったりの繰り返し。フォームがどうとか、膝がどうとか、そういうレベルじゃない。心臓は波打ち、足は言うことを効かない。なによりも心がネガティブなことばかりを考え始める。「辛い」「もうトレランやらない」「来年はない」などなど。

3時間経過した時点で残り5.5km。ゴールまでの制限時間が3時間30分なので、残り30分で5.5kmを走らねばならないが、「無理だろ」とまたしても気持ち折れる。
しかし、記録が残らないのは残念だけど、せっかく生まれて初めて参加したスポーツ大会だし、最後まで走り切ろう!と、無理矢理ポジティブに思っていたところに、スタッフの天の声が響く!


「17kは制限時間が30分延長になりました〜」


え、マジですか!ということは、ぼくにも時間内に走り切る可能性が出て来た!

そこからは言うことを効かないからだにむち打って、走る!!!歩く!!休憩する!

そして、3時間51分17秒、感動もなく、やっとこの苦痛から解放されるという気持ちのゴール。。。


ハセツネ17k 時間制限内完走411人中(完走率92%)、393位。まさに崖っぷちの結果。「渋滞がなければ3時間30分でゴール出来たか?」と聞かれれば、YESとは答えられない。それだけキツかった。

しかし、結果的に制限時間が延長になり、記録に残ったことはラッキーだ。気持ち的には惨敗だけど、このラッキーを今日は持って帰ろう。


ゴール後は車に戻り、まずは着替える。調子が悪いのか寒いのか、指が震えて靴ひもも結べない。車で一段落して、体調も回復し、エディ☆はじめ、柔術トレイルランナー32k組を迎えに行った。

エディ☆は5時間で完走。すでに着替えていた。速!

エディ☆と話していて、今回、ぼくは水は持っていったけど、栄養補給は持っていかなかった。これはよくないらしい。さらに、後ろから来るランナーに道を譲る時、立ち止まって譲っていたけど、少なくても歩きながら譲れば、もう少しタイムを縮められたかも。

そんなことを考えていたら、「来年もやるだろ!」という気持ちになってきた。でも急坂に耐える下半身の筋力アップ、終盤息切れしない心肺機能アップなど、対策は練らねばならない。


今日の学び。

トレランデビューに、ハセツネのコースを選んではいけない

参加したみなさま、おつかれさまでした!
応援していただいたみなさま、ありがとうございました!







ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
いや〜ひつじさんスゴいですよ!
食料あったらもっと短縮できますし。
来年もう一丁の前にハセツネ本戦どうですかw?
エディ | 2010/04/04 23:36
昨日はおつかれさま! 今日は体が痛い。。。

次は戸隠トレランかな、と真剣に考え中。でももっと鍛えないと。
月ひつじ | 2010/04/05 09:32
COMMENT