<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 「法人化への道、その7(設計図と強みの話)」 | main | 「法人化への道、その9(ここまでかかった経費)」 >>
「法人化への道、その8(法人口座、法人カード)」


さて、法人にすると必要なのが法人口座。

まず都市銀行(メガバンク)にするか、信用金庫にするか悩む。中小企業は融資面などで相談にのってくれやすい信用金庫をメインバンクにすることも少なくなく、ぼくもメインバンクは信用金庫で考えている。とはいえ、取引先様の振込などを考えると、都市銀行に口座があると便利なのもたしか。

そこでいろいろとお聞きした結果、都市銀行、信用金庫の両方に口座をつくろうと決めた。

とりあえず近所の某都市銀行に行く。すると、どうも最近は犯罪対策などの影響もあり、法人口座を作るには「1.申し込み」「2.法人の活動を証明する書類(法人名義の契約書など)」を経て、口座開設できるかどうかを判断→「3.口座開設」と3回足を運ばなければならないらしい。

でも法人登記してすぐに「2.法人の活動を証明する書類(法人名義の契約書など)」なんてあるわけがない。理不尽というか、机上で出した答えというか。

そんな悩みをFBでつぶやいていたら、解決策を某都市銀行に勤める柔術仲間が教えてくれた(ヒミツ)。持つべきものは大切な仲間である。


次に、これまで個人カードで処理していた経費をビジネスカードに変更。法人契約しているオフィスの光熱費やサイトに関わる運営費などの固定費の他、毎月あれこれと経費がかかのだ。いろいろと調べて(カード会社によっては5年以上の法人歴や貸借対照表および損益計算書の提出が必要)、ポイントが有効に使える某カードにした。というか、ビジネスカードの選択肢も少なかった。。。起業にはなかなかツライ日本の環境である。

こういう細かい作業は本当に手間と時間がかかるが、法人にした際にしっかりとやっていたほうが後々よい気がする。一気に終わらせよう。


法人登記してからあっという間に一ヶ月が経ち、無事法人口座も出来て、最初の請求書も発行させていただきました。これからもみなさまに喜んでいただけるデザインやサービスをご提供させていただき、この口座が活発に動くようにがんばります。
 

文系ランナー
スポンサーサイト
COMMENT